E217系
形式一覧


東海道線 鶴見-新子安
横須賀線と総武線快速電車に使用されていた113系1000番台が老朽化したため、JR東日本は1994年にE217系近郊形電車を開発しました。
E217系は209系通勤形電車を基本に幅広車体にしたもので、近郊形電車としては初めて片側4扉としました。車体は209系と同様軽量ステンレス車体で、川崎重工が製造した車両はプレスされた部材と外板を突き合わせそれ自体が強度を保つ2シート工法が採用されています。東急車輌が製造した車両は一般的な構造となっています。E217系は地下線を走行することから、先頭車両正面に貫通扉が設置されています。車体側面には横須賀色の帯が巻かれています。なお、グリーン車は211系と同様、2階建構造としています。
主電動機は出力95kWのMT68で、GTOサイリスタによるVVVFインバータ制御装置で駆動されています。最高速度120km/hとするため、ギヤ比が6.06に変更されました。このため加速性能が2.0km/h/sと低くなっています。ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキです。
台車は209系と同じ軸梁式ボルスタレス空気バネ台車DT61/TR246ですが、グリーン車は高速走行安定のためヨーダンパが取り付けられました。
座席はロングシートが基本で、11両編成の久里浜寄3両がセミクロスシートとなっています。戸閉装置は電気式を採用しました。11両編成の両先頭車、および4両編成の久里浜寄先頭車に和式トイレが設置されています。このうち、11両編成の久里浜寄先頭車のトイレは車椅子対応の大型トイレに変更されました。グリーン車は回転リクライニングシートです。2005年には各座席の天井部にはICカードのリーダ・ライタが取り付けられました。
1998年より製造された車両は主電動機が出力95kWのMT73に変更されました。2006年から一部の編成が東海道線で使用されることになり、帯の色が湘南色に変更されましたが、2015年に東海道線での運用が終了しました。また、2007年より更新工事が開始され、主制御装置がIGBTを使用したSC89に変更されました。
E217系は現在横須賀線と総武線快速電車として活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.0km/h/s 最高速度: 120km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4067mm
台車 DT61B(動台車) TR246B, C(付随台車)
集電装置 PS28
主電動機 MT68, MT73 (95kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式(歯数比: 6.06)
制御方式 VVVFインバータ制御(SC89)
冷房装置 普通車: AU720A (42000kcal) グリーン車: AU721(20000kcal/h×2)
設計 JR東日本