221系
形式一覧


山陽線 塩屋-須磨
 国鉄の分割民営化後、JR西日本は今後製造する車両のあり方について検討を進めていました。この結果、閑散線区で使用する2両編成から新快速電車用12両編成のまでを同一形式で実現でき、競合する私鉄の車両に対して魅力的なデザインやアコモデーションを備えた221系を1989年に開発し、新快速電車及び大和路快速用に投入しました。
221系は2両、4両、6両編成が組成できるよう、211系と同様のMM'ユニット方式を採用したクモハ221+モハ221と、213系と同様の1M方式を採用したクモハ220とモハ220があります。なお、モハ221には補助電源装置とコンプレッサが取り付けられていますが、モハ220とクモハ220は床下スペースの関係で主制御装置と補助電源装置が取り付けられ、取り付けることができなかったコンプレッサはサハ220、あるいはクハ220に取り付けられました。
6両編成: クモハ221+モハ221+サハ221+モハ220+サハ220+クハ221
4両編成: クモハ221+モハ221+サハ221+クハ221
2両編成: クモハ220+クハ220
これらの編成を組み合わせて使用するため、分割併合が容易に行えるよう先頭車には自動解結装置が取り付けられています。主電動機は211系や213系のものを低騒音化した出力120kWのWMT61S及びWMT64Sで、添加励磁制御方式となっています。台車は211系と同じボルスタレス空気バネ台車ですが、ヨーダンパの取付座が設けられています。最高速度は120km/hと117系より向上し、将来の速度向上に備えていました。なお、1998年よりヨーダンパの取り付けが行われています。
 車体は鋼製で片側3扉を持ち、座席は全て転換クロスシートです。117系と比べてドアが増えたにもかかわらず配電盤設置位置の見直しなどにより、117系と同じ座席定員を確保しています。側引戸は湖西線での使用を考慮して半自動扉となっていますが、押しボタンによる自動開閉に変更されました。吊革は当初出入口部のみ取り付けられていましたが、後に車体全長にわたって取り付けられました。
 221系は117系と共に新快速電車として使用されていましたが、1991年に117系が全て221系に置き換えられたため、120km/h運転を開始しました。更に、乗客の増加により6両編成では対応できなくなったことから、6両編成を8両編成と4両編成に組み替えられ、新快速電車は全て8両編成、あるいは4両編成を2本連結した8両編成で運転が開始されました。
8両編成: クモハ221+モハ221+サハ221+モハ220+サハ220+モハ220+サハ220+クハ221
しかし、221系の後継車として223系1000番台及び223系2000番台が投入されたことから、221系は新快速電車より徐々に撤退し、JR宝塚線、奈良線、阪和線の快速電車として使用されるようになりました。この時4両編成が不足したため、6両編成に含まれていたモハ220とサハ220を2両編成に組み込み、4両編成としました。
4両編成: クモハ220+サハ220+モハ220+クハ220
 現在、221系はJR神戸・京都・琵琶湖線の快速電車の他、JR宝塚線、阪和線、大和路線、奈良線の快速電車として活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 3.5km/h/s 最高速度: 120km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4140mm
台車 WDT50H(動台車) WTR235H(付随台車)
集電装置 WPS27
主電動機 WMT61S(120kW, 375V), WMT64S(120kW, 750V)
駆動装置 中空軸平行カルダン方式(歯数比: 5.19)
制御方式 界磁添加励磁制御(WCS57B, WCS59C)
冷房装置 WAU701 (18000kcal/h×2)
設計 JR西日本