E531系
形式一覧


常磐線 天王台-我孫子
常磐線で使用されていた415系の老朽化が進んだため、JR東日本はE531系を2005年に開発しました。
車体はE231系と同様の軽量ステンレス構造となっており、床面高さをE231系と比較して35mm低くし、ホームとの段差を低減しています。片側4箇所扉が設置されており、リニアモータ駆動の電気式となっています。側引戸は押しボタンによる自動開閉が可能な半自動扉となっています。台車はE653系のものを基本とした軸梁式ボルスタレス空気バネ台車で、130km/h運転に対応するためヨーダンパを装備しています。車体側面にはLED式行き先表示器を装備するとともに、車外スピーカも設置しています。
車内は片持ち式のロングシートとしていますが、一部の車輌はボックスタイプのクロスシートとなっています。付属編成の上野方以外の先頭車には車椅子対応の洋式便所を備えています。側窓は開閉可能な下降窓となっており、窓ガラスには可視光線や日射熱線の透過率をより抑えたものを採用し、カーテンを廃止しています。空調機は能力を50,000kcal/hとしたAU726を採用し、年間を通じた自動運転をしています。
主電動機は低騒音形の三相誘導電動機MT75を採用し、E231系よりも出力の大きい140kWとなっています。歯数比はE231系より小さい6.06とすることで、最高速度130km/hを実現していますが、主電動機の出力の増大により加速性能はE231系と同等となっています。主回路制御装置は交流区間において交流電気を直流に変換するコンバータと、直流電気を三相交流に変換する2レベル式ベクトル制御インバータを一体とした主変換器1台で4台の主電動機を駆動しています。交流と直流の切り替えはATS-Pの専用地上子を用いた自動切り替えです。主変換装置はIGBT素子を採用することで、低騒音化と精密なトルク制御を実現しています。ブレーキ方式は常用指令がTIMSによって伝送される回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキとなっています。
E531系は2005年7月より常磐線で運用が開始されました。その後、東京地区のすべての中距離電車にグリーン車を連結する方針となったことから、E231系と同様の二階建てグリーン車を2両組み込む変更が行われ、2007年3月より使用が開始されました。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V、交流20000V, 50Hz
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 最高速度: 130km/h 
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 3620mm
台車 DT71(動台車)/TR255, TR255A, TR255B(付随台車)
集電装置 PS37A
主電動機 MT75 (140kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 6.06)
制御方式 VVVFインバータ制御(CI13)
冷房装置 AU726A (50,000kcal/h)
設計 JR東日本