713系
形式一覧


日豊線 川南-高鍋
国鉄は1983年に停止用交流回生ブレーキシステムを採用した713系試作車を登場させました。ローカル輸送用として設計されたため、1M1Tの2両編成を基本としています。
車体は417系と同様、片側2扉両開きの普通鋼製で、クリーム塗装の窓下に緑帯を配しています。プラットホームが低い区間を走行するため出入り口にはステップが設けられています。なお、側引戸は全自動仕様です。車体側面には行先方向幕が装備されています。
制御方式はサイリスタ位相制御で他例弱界磁制御を取り入れることで、回生ブレーキを可能としています。主電動機はMT61で端子電圧を500Vとしたことで150kWの出力となっています。
台車はコストダウンのためコイルバネ式DT21/TR62とし、電動台車のブレーキは片押し式としたため、DT21Dに区分されています。
車内はセミクロスシートです。トイレはクハ712に設置されました。冷房装置は主変圧器から電力の供給を受けるAU710を搭載しています。
713系は長崎線と佐世保線の普通列車として使用開始されました。JR分割民営化にあわせて車体の帯色が青に変更されました。1996年の宮崎空港線の開業に伴い、713系は宮崎地区に移動した後、クロスシートがリクライニングシートに取り替えられ、車体塗装も赤色に変更されました。2008年には主制御装置が更新されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 交流20000V, 60Hz
車両性能 最高速度: 100km/h
全長 19507mm
全幅 2946mm
全高 4066mm
台車 DT21D (動台車) TR62 (付随台車)
集電装置 PS101D
主電動機 MT61 (150kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式(歯数比: 6.07)
主変圧器 TM22
主整流器 RS48
制御方式 サイリスタ位相制御: CS55
冷房装置 AU710 (38000kcal/h)
設計 日本国有鉄道