281系
形式一覧

Photos

クロ280
「はるか」
阪和線 北信太-富木

阪和線 杉本町-浅香
JR西日本は1994年の関西国際空港開港にあわせて、京都と関西国際空港を結ぶ空港アクセス特急として281系を製造しました。座席は全てリクライニングシートで、シートピッチはグリーン車が1160mmで1-2列配置、普通車が970mmで2-2列配置となっています。また、大形荷物スペースやCATサービス用荷物室を設けています。先頭車には将来の地下鉄走行に対応して貫通扉が設けられています。制御システムは同年製造の223系0番台207系1000番台と同じWPC4インバータ制御装置が採用されており、各モータを個別に制御しています。台車は223系0番台や207系1000番台と同じボルスタレス空気バネ台車DT55/TR239が採用されており、高速走行安定化のためにヨーダンパが取り付けられています。
281系は5両編成で登場しましたが、乗客の増加に対応して6両編成化されると共に、3両付属編成も新たに登場しています。なお、2002年秋にCATサービスが廃止されて、編成が逆向きに変更されました。281系は空港アクセス特急「はるか」に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 1.8km/h/s 減速度: 4.3km/h/s 最高速度: 130km/h
全長 19500mm
全幅 2915mm
全高 3550mm
台車 WDT55(動台車) WTR239(付随台車)
集電装置 PS27D
主電動機 WMT100B(180kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 5.65)
制御方式 VVVFインバータ個別制御(WPC4)
冷房装置 WAU703 (18000kcal/h×2)
設計 JR西日本