289系
形式一覧

Photos

クモハ289
阪和線 北信太-富木

阪和線 杉本町-浅香
新大阪と新宮を結ぶ特急「くろしお」や新大阪と城崎温泉を結ぶ「こうのとり」に使用されていた381系1000番台の老朽化のため、JR西日本は北陸新幹線の開業に伴い余剰となった683系2000番台を直流化改造した289系を投入しました。
683系2000番台の基本編成は5両編成でしたが、これらを4両編成と6両編成に組み替えました。車体は287系に合わせて窓下の帯色が、「くろしお」向けはオーシャングリーン、「こうのとり」はダークレッドに変更されています。また、直流化に伴い、主変圧器等の交流機器が撤去されました。
また、287系と設備を統一化するため、クロ682は半室グリーン車のクロハ288に改造されています。
289系は、特急「くろしお」、「こうのとり」、「きのさき」などで活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 1.8km/h/s 減速度: 4.3km/h/s 最高速度: 130km/h
全長 20600mm
全幅 2915mm
全高 3490mm
台車 WDT301(動台車) WTR301(付随台車)
集電装置 PS27C
主電動機 WMT105(245kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 5.22)
制御方式 VVVFインバータ個別制御(WPC11)
冷房装置 WAU704 (39000kcal/h×1)
設計 JR西日本