117系0番台
0番台
100番台
300番台

形式一覧

Photos

リバイバル新快速
東海道線 高槻-山崎

サンライナー色
山陽線 新倉敷-西阿知

東海道線 千里丘-岸辺

湖西線 和邇
 1972年より新快速電車に使用されていた153系が老朽化したため、国鉄は1979年京阪神各私鉄に対する競争力を強化するため117系を開発し、新快速電車に投入しました。117系は片側2ドアを持ち、転換クロスシートが910mmピッチで配置し私鉄特急と同レベルのアコモデーションを確保しました。台車は485系等で実績のあるDT32/TR68空気バネ台車を近郊形電車では初めて採用し、乗り心地が改善されました。主制御器は381系で実績のあるCS43が採用され、抑速ブレーキが可能となっています。主電動機は115系と同じMT54が採用されています。なお、781系と同様の強制換気装置が冷房装置の両側に設置されました。また、分割併合を容易にするため、自動解結装置が取り付けられました。
 客室天井は冷房用ダクトを天井内に埋め込まれ、また冷風吹出口がスリット状になったため、天井がすっきりしました。側引戸は湖西線での使用を考慮し、113系700番台と同様半自動扉となっています。
 最高速度は110kmですが、221系が120km/h運転を開始するのにあわせ、117系の最高速度が115km/hに向上しています。
 117系は引き続き名古屋地区で使用されていた153系を置き換えるため、1982年に製造されました。この時製造された117系には自動解結装置が設置されておりません。
 117系は全て、4M2Tの6両編成で使用されていましたが、1986年に名古屋地区の117系が短編成化されることになり、クハ117およびクハ116のみが製造され、2M2Tの4両編成に変更されました。
大阪地区では、1990年に221系の増備により新快速電車より撤退した117系の一部が、塗色を変更の上、福知山線の快速電車に使用されました。福知山線の117系は、1992年に300番台に改造されました。1991年には2M2T4両編成と6M2Tの8両編成に変更され、前者は奈良線快速電車に、後者は東海道・山陽線の快速電車として使用されました。更に、1992年には8両編成が4両編成に変更の上岡山地区の快速電車で使用され、余った中間車は115系に編入されました。また、奈良線に使用されていた117系も、2001年より221系に置き換えられることになり、紀勢線の普通電車として使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 115km/h
全長 19500mm
全幅 2946mm
全高 4066mm
台車 DT32H (動台車) TR69K (付随台車)
集電装置 PS16J
主電動機 MT54D (120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式 (歯数比: 4.82)
制御方式 抵抗制御 (CS43A)
冷房装置 AU75B (42000kcal/h)
設計 日本国有鉄道