227系
形式一覧


山陽線 玖波-大竹
広島地区で運用している103系、105系、115系の老朽化が進んでいることから、JR西日本は225系を基本として広島向けに設計した227系電車を2014年に開発しました。
227系は3両編成と2両編成があり、最大8両編成まで組成できます。車体は軽量ステンレス構造で、レーザ溶接を多用しており外板の平滑性と車体の強度が向上しています。先頭部は衝撃吸収構造を採用すると共に、先頭車間転落防止幌を設置しました。車体側面は赤色をシンボルカラーとし、車体側面にはシンボルカラーのストライプ、側面車端部に垂直ラインを配しました。外部表示装置はフルカラーLEDを採用し、種別表示装置と行き先表示装置を一体化しました。
227系は0.5Mシステムを採用しており、組成両数やパターンへの制限がなく、自由に組むことが可能なシステムとなっています。このため制御装置が全ての車両に搭載されています。制御方式はIGBTによる台車単位の2レベル制御となっています。主電動機はセンサレスの誘導電動機で出力は270kWです。クモハ227にはシングルアームパンタグラフが取り付けられています。
台車は軸梁式ボルスタレス台車のWDT63B/WTR246F/Gとし、ヨーダンパは取付準備工事を備えています。回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキを採用し、抑速ブレーキを使用可能としています。
運転席の計器はアナログ計器から液晶画面表示に変更されました。補助電源装置は主制御装置と一体化し、全ての車両に搭載されており、全ての補助電源装置が並列運転しています。また、車両の脱線、衝突、転覆などを自動検知し、当該列車を緊急停止させる車体異常挙動検知システムを取り付けています。
車内は転換クロスシートで車端部はロングシートとしています。吊り手は大きく握りやすいサイズにするとともに、目立ちやすいオレンジ色としました。照明はLEDを採用しました。クモハ226は車椅子対応大型トイレが設置されています。
227系は2015年より広島地区の山陽線、呉線、可部線の普通や快速として使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 3.9km/h/s 最高速度: 110km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 3630mm
台車 WDT63B(動台車) WTR246F/G(付随台車)
集電装置 WPS28E
主電動機 WMT106A (270kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 6.53)
制御方式 2レベルVVVFインバータ(WPC15A)
冷房装置 WAU708B (22000kcal/h×2)
設計 JR西日本