413系0番台
形式一覧


北陸線 生地-西入善
北陸地区では急行電車の削減に伴って急行形交直流電車が近郊輸送に転用されましたが、車体設備が近郊輸送に向いておらず、また老朽化が進んでいましたが、財政状況のよくない国鉄は417系を新製するかわりに老朽化した471/473系急行形電車の電気機器や台車を流用し車体のみ更新した413系電車を1986年に登場させました。
413系は前記の事情により、車体は417系と同様両開きの2扉セミクロスシート車となっており、プラットホームが低い区間を走行するため出入り口にはステップが設けられています。ただし、電気機器を流用した関係上雪切室の構造が異なっています。471系から改造された車両については主電動機が出力 120kWのMT54に換装されています。主制御器は種車のものが流用されたため、417系と異なり抑速ブレーキを装備していません。なお、473系から改造された車両は主抵抗器が異なるため100番台で 区分されています。台車は種車と同様DT32/TR69空気バネ台車です。
413系は改造当初から種車の冷房装置を流用しており、先頭車は分散型冷房装置、中間車は集中型冷房装置を装備しています。冷房用補助電源装置はクハ412に設けられ、制御電源も兼用しています。車体側面には最初から電動行先方向幕が準備されていました。便所はクハ412に設置されましたが、種車の汚物処理装置を流用したため、従来の近郊形とは設置位置が異なっています。なお、側引戸は半自動扱いが可能となっています。
413系は北陸線の普通電車に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 交流20000V, 50Hz/60Hz
車両性能 最高速度: 110km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4088mm
台車 DT32B (動台車) TR69B(付随台車)
集電装置 PS16B
主電動機 MT54B, MT54D (120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式(歯数比: 4.21)
主変圧器 TM20A
主整流器 RS22A
制御方式 抵抗制御 (CS15)
冷房装置 先頭車: AU13E (5,500kcal×6), 中間車: AU72 (33, 000kcal)
設計 日本国有鉄道