701系100番台
0番台
1000番台
1500番台

形式一覧


奥羽線 北常盤-川部
東北地区では客車列車が多く運行されていましたが、機関車の老朽化や終着駅での機関車の付け替えが発生するなど非効率であったため、これらを電車化するためにJR東日本は701系を1993年に開発しました。
701系はVVVFインバータ制御を採用しており、コンバータ部とインバータ部を一体とした主変換装置をクモハ701に搭載しています。主電動機は701系用に開発された出力125kWのMT65を採用しています。ブレーキは発電ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキで、クモハ701の屋根上にブレーキ抵抗器を設置しています。パンタグラフは下枠交差式のPS104を使用していましたが、後にシングルアーム式のPS106に換装されました。
台車は209系のDT61/TR246の台車枠形状を変更したボルスタレス空気バネ台車DT61A/TR246Aを採用しています。
209系と同様の2シート工法を採用した軽量ステンレス車体で、ステップがついた半自動の側引戸は片側3箇所設けられ、押しボタンによる自動開閉ができます。窓は熱線吸収ガラスを採用しカーテンを省略しました。
車内はロングシートとなっており、クハ700にはトイレが設けられています。
701系0番台は秋田地区の普通列車で活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 交流20000V, 50Hz
車両性能 最高速度: 110km/h
全長 19500mm
全幅 2800mm
全高 3620mm
台車 DT61A(動台車) TR246A(付随台車)
集電装置 PS104/PS106
主電動機 MT65 (125kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 7.07)
主変圧器 TM26
制御方式 VVVFインバータ制御: C11
冷房装置 AU710A (38000kcal/h)
設計 JR東日本