キハ54
形式一覧


土讃線 讃岐財田-黒川
国鉄分割民営化に先立って、経営基盤の弱い四国に対して、運行経費の削減による経営改善に役立てるため、1986年にキハ54を開発し、投入しました。
キハ54の車体は軽量ステンレス車体となっており、エンジンを2台搭載していることと相まって、加速性能に優れています。エンジンはキハ185系と同様、出力250PSのDMF13HSを採用し2台搭載しています。液体変速機は廃車発生品であるTC2A/DF115Aとし、高出力に対応できるように改造されました。また、台車も廃車発生品であるDT22Aです。
車内はロングシートが配置されており、トイレの設置はありません。側出入り口はバス用の扉を車体の両端に取り付けています。冷房装置は走行機関により直接駆動されています。
キハ54は四国に投入の後、現在も土讃線を中心に使用されています。
主要諸元
項目 内容
車両性能 最高速度: 95km/h
全長 20,800mm
全幅 2800mm
全高 3620mm
台車 DT22A
駆動機関 DMF13HS (250PS×2)
液体変速機形式 TC2AまたはDF115A
冷房装置 AU26 (28,000kcal)
設計 日本国有鉄道