103系0番台
0番台
1500番台
3500番台
3550番台

形式一覧

Photos

クハ103WAU102改造車
阪和線 杉本町-浅香


クハ103高運転台車
京葉線 市川塩浜

クハ103
阪和線 杉本町-浅香

クハ103
40N体質改善車
阪和線 杉本町-浅香

クハ103
30N体質改善車
阪和線 北信太-富木


阪和線 杉本町-浅香
国鉄は山手線や大阪環状線へ通勤形電車を投入する計画を持ちましたが、山手線や大阪環状線の駅間距離が短く、また編成が8両となっていたため、101系を投入した場合電動車比率が高くなり、コストが高くなりました。そこでMT比を1:1にできる経済性の高い通勤形電車として103系が1963年に試作されました。
103系は101系と同様、片側4扉のロングシート車です。主電動機は出力が110kWに向上したMT55を採用しました。また歯数比は6.07と大きくしています。主制御器は101系に使われていたCS12を改良したCS20で、モハ103及びクモハ103に取り付けられ、電動車2両分の主電動機を制御します。主電動機の外形寸法が大きくなったため、車輪径が860mmから910mmに大きくされました。電動台車はクモヤ791に使われていたDT26の枕バネをコイルバネに変更したDT26C、付随台車は111系と同じTR62Xです。
1964年より103系量産車の製造が始まりました。この時、台車がDT33/TR201に変更されるとともに、ジャンパ栓が変更されています。
103系は1983年まで増備が続けられたため、各種の変更が加えられました。1967年より付随台車がディスクブレーキに変更されTR212となりました。1972年には側窓がユニット窓になり、前照灯がシールドビームに変更されています。
1973年に冷房車が登場しました。冷房装置はAU75で、電源として電動発電機がモハ102に取り付けられました。また、車体側面に行き先方向幕が取り付けられています。1974年にはATC装置が先頭車に取り付けられ、高運転台に変更されています。
なお、非冷房車も1975年よりAU75による冷房改造が始まりました。冷房改造は国鉄分割民営化後もJR各社により継続されましたが、改造コスト低減のためJR東日本はAU712、JR東海はC-AU711A、JR西日本はWAU102によりそれぞれ改造されました。
また、車内設備もJR各社により更新され、特にJR西日本は207系の投入により陳腐化した103系のサービスレベルを上げるため、比較的車齢の若い車両を対象にアコモデーション改良工事が施工され、座席の更新、平天井化、張上屋根化などが行われました。
103系は205系207系209系211系5000番台、E231系などにより置き換えられたため、JR東日本やJR東海では全車廃車となりました。
現在、103系は近畿及び広島の各線で使用されています。 
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 100km/h
全長 19500mm
全幅 2870mm
全高 3939mm
台車 DT33(動台車) TR201, TR212(付随台車)
集電装置 PS16
主電動機 MT55, MT55A(110kW, 375V)
駆動装置 中空軸平行カルダン方式(歯数比: 6.07)
制御方式 抵抗制御(CS20, CS20A〜D)
冷房装置 AU75A, B, G(42000kcal/h) / AU712 (21000kcal×2) / C-AU711A (18000kcal×2) / WAU102 (12000kcal/h×3)
設計 日本国有鉄道