211系0番台
0番台
1000番台
5000番台
6000番台

形式一覧


東海道線 沼津-三島
国鉄は113系、115系に代わる新型の近郊型電車として211系近郊型電車を開発しました。
車体は205系で採用された軽量ステンレス構造を採用し、113系などと比較して50mm車体幅が拡幅されています。軽量車体の採用により、2M3T編成を基本としています。普通車は片側に3カ所両開き扉を、グリーン車は片側に2カ所の片開き扉が設置されています。普通車の側窓は一段下降式、グリーン車は固定式です。
台車は205系と同様、DT50B/TR235Bボルスタレス空気バネ台車を採用しています。
主電動機は205系と同様、出力120kWのMT61で、界磁添加励磁制御を採用しています。主制御装置は205系で用いられたCS57に抑速発電ブレーキを対応させたCS57Aです。ブレーキ装置は回生ブレーキ併用電気指令式を採用しています。なお、先頭車は自動解結装置が取り付けられています。
車内はグリーン車が2-2列のリクライニングシート、普通車は0番台がセミクロスシート、2000番台がロングシートとなっています。客室天井は冷房用ダクトを天井内に埋め込まれ、また冷風吹出口がスリット状になったため、天井がすっきりしました。トイレはクハ211及びクハ210に設置されています。
国鉄の分割民営化後、JR東日本はロングシート仕様の211系2000番台のみを増備しました。また、2階建グリーン車が開発され、各編成に1両ずつ連結されました。
211系0番台/2000番台は東海道線の快速列車と普通列車に使用されましたが、E231系やE233系により置き換えられました。このうち、グリーン車は東北線、高崎線に転用されました。普通車は長野地区に転属し、115系を置き換えています。
211系0番台/2000番台は、現在、長野地区の普通列車で使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 110km/h 
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4140mm
台車 DT50B(動台車) TR235B(付随台車)
集電装置 PS21
主電動機 MT61 (120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式(歯数比: 5.19)
制御方式 界磁添加励磁制御(CS57)
冷房装置 AU75G (42000kcal/h)
設計 日本国有鉄道