211系5000番台
0番台
1000番台
5000番台
6000番台

形式一覧

Photos
クモハ211-5600
中央線 高蔵寺-定光寺

中央線 高蔵寺-定光寺
国鉄分割民営化後、JR東海は老朽化した103系や113系を置き換えるため、国鉄が開発した211系にいくつかの変更を加え5000番台に区分しました。
客室からの前方視界を拡大するため、213系0番台と同様、先頭車助手席側前面窓を大きくしました。211系0番台の 空調機はAU75Gを1台屋根の上に搭載していましたが、211系5000はインバータ制御のC-AU711Dを2台搭載しています。また、補助電源装置 も電動発電機から静止インバータに変更され、保守の省力化が図られました。車体側面には駅で待つ乗客に車掌が案内放送をするためのスピーカーが設置されています。また、車体側面に取り付けられた行き先表示器は、当初LEDディスプレイに変更されましたが、字幕式に戻されています。
211系0番台は2M-3T編成となっていますが、211系5000番台は2M-1T、あるいは2M-2T編成となっており、加速性能が向上しています。
車内はロングシートですが、シートの色が変更されています。更に、車内騒音を抑制するため主電動機点検蓋が廃止されました。
211系5000番台は当初トイレが設けられていませんでしたが、1989年より製造のクハ210にトイレ設置され、5300番台で区分されました。また、1989年より製造されたクモハ211はパンタグラフを変更し、かつ取り付け部を低屋根に変更され、5600番台で区分されています。
JR東海は2002年よりクハ210の座席の一部を撤去し、車椅子スペースを設けました。また、2006年よりパンタグラフをシングルアームタイプのC-PS27への取り替えを実施しました。
211系5000番台は現在、東海道線、中央線などで活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 110km/h 
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4140mm
台車 C-DT56(動台車) C-TR241(付随台車)
集電装置 PS21A (5000番台) C-PS24A (5600番台) C-PS27 (共通)
主電動機 C-MT61A(120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式(歯数比: 5.19)
制御方式 界磁添加励磁制御(CS57A)
冷房装置 C-AU711D (18000kcal/h×2)
設計 JR東海