225系0番台
0番台
100番台
5000番台
5100番台
6000番台

形式一覧

Photos

東海道線 千里丘-岸辺

山陽線 垂水-塩屋
JR西日本は次世代の近郊形電車として225系を開発しました。225系は321系より始まった0.5Mシステムを採用しており、組成両数やパターンへの制限がなく、自由に組むことが可能なシステムとなっています。このため制御装置が全ての車両に搭載されています。制御方式はIGBTによる台車単位の2レベル制御となっています。主電動機はセンサレスの誘導電動機で出力は270kWです。全ての車両が電動車であるため回生ブレーキエネルギが最大限活用されます。また、動台車の低騒音化のため、WN継手の低騒音化が計られています。
台車は321系と同じ軸梁式ボルスタレス台車のWDT63A/WTR246B/Cとし、高速走行時の安定性確保のためヨーダンパを備えています。
回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキを採用し、ブレーキ指令はデジタル伝送装置により行われています。
車体は軽量ステンレス構造となっているが、オフセット衝突対策として車端へのガイド板取り付け、前面衝突対策として先頭部の衝撃吸収構造が採用されています。車体断面は321系と同一です。運転台位置は223系と比較して130mm上昇させることで、前方視認性を向上させています。戸閉装置は可変力制御付きのWTK123を採用しました。集電装置は近郊形では初めてのシングルアームパンタグラフWPS28を備えています。
車内は223系2000番台と同様のアコモデーションとなっていますが、トイレ形状は円弧形状に見直しがされています。車内案内装置は321系と同様の液晶ディスプレイを備えています。吊り手は大きく握りやすいサイズにするとともに、目立ちやすいオレンジ色としました。
一部の225系0番台は225系6000番台に改造され、JR宝塚線に転出しました。
225系0番台はJR神戸線、JR京都線の快速電車、新快速電車として活躍をしています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 4.6km/h/s 最高速度: 130km/h
全長 19300mm
全幅 2950mm
全高 3630mm
台車 WDT63A(動台車) WTR246B/C(付随台車)
集電装置 WPS28C
主電動機 WMT106A (270kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 6.53)
制御方式 2レベルVVVFインバータ(WPC15A)
冷房装置 WAU708 (22000kcal/h×2)
設計 JR西日本