225系5100番台
0番台
100番台
5000番台
5100番台
6000番台

形式一覧


阪和線 北信太-富木
225系5000番台2次車で、225系5100番台に区分され2016年より投入が開始されました。225系5100番台では4両編成に加えて6両編成が登場しました。225系5100番台は前頭部の形状を227系のものに変更し、4両編成には先頭車間転落防止幌を設置しました。外部表示装置はフルカラーLEDに変更され、種別表示装置と行き先表示装置を一体化しました。また、車両の脱線、衝突、転覆などを自動検知し、当該列車を緊急停止させる車体異常挙動検知システムを取り付けています。
制御方式はIGBTによる台車単位の2レベル制御となっています。主電動機はセンサレスの誘導電動機で出力は270kWです。クモハ225には1基、モハ225には2基のシングルアームパンタグラフが取り付けられています。
車内は225系5000番台と同じですが、照明はLEDに変更されています。また、外国人向けの無線LANサービスが導入されています。
225系5100番台は223系とともに関空・紀州路快速や阪和線の普通列車に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 3.9km/h/s 最高速度: 120km/h
全長 19300mm
全幅 2950mm
全高 3630mm
台車 WDT63A(動台車) WTR246D/E(付随台車)
集電装置 WPS28E
主電動機 WMT106A (270kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 6.53)
制御方式 2レベルVVVFインバータ(WPC15A)
冷房装置 WAU708 (22000kcal/h×2)
設計 JR西日本