313系0番台
0番台
300番台
1000番台
1100番台
1300番台
1500番台
1600番台
1700番台
3000番台
5000番台
5300番台
8000番台

形式一覧


東海道線 三河三谷-三河大塚
JR東海は老朽化した103系や113系を置き換えるため、211系や311系と併結が可能な新世代の近郊形電車313系0番台を1999年に開発しました。313系0番台は2M2Tの4両編成です。
車体は片側3扉の軽量ステンレス構造です。様々な腰掛レイアウトに対応できるよう吹寄柱を廃止しています。
制御システムは主電動機の制御部と補助電源装置を一体化したもので、IGBT素子を使用した3レベルインバータ制御を採用されています。主電動機は出力185kWの誘導電動機で、台車単位で駆動されます。
台車は373系のものを基本としたボルスタレス方式のC-DT63A/C-TR251とし、高速走行時の安定性確保のためヨーダンパを備えています。回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキを採用し、抑速ブレーキを使用可能としています。
車内は転換クロスシートとなっています。側窓カーテンはフリーストップ式のロールアップタイプとしています。クハ312は車椅子対応の洋式トイレを設置しています。
313系0番台は東海道線の新快速電車、快速電車、普通電車に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 130km/h
全長 19500mm
全幅 2930mm
全高 3630mm
台車 C-DT63A (動台車) C-TR251(付随台車)
集電装置 C-PS27A
主電動機 C-MT66A (185kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 6.53)
制御方式 3ステップVVVFインバータ
(C-SC37: 4個モータ制御, C-SC38: 2個モータ制御)
冷房装置 C-AU714A (21000kcal/h×2)
設計 JR東海