313系8000番台
0番台
1000番台
8000番台

形式一覧


中央線 高蔵寺-定光寺
中央線の有料定員制快速列車「セントラルライナー」用としてJR東海は1999年に313系8000番台を投入しました。313系8000番台は3両編成でモハ313-1500は片側のみが電動台車のため、MT比は1:1となっています。313系8000番台は、313系の他の番台と外観及び内装が異なっています。車体の先頭部はシルバーメタリック塗装とし、窓周りにオレンジのストライプを配しました。セントラルライナーとして使用する時は中央の扉は締切るため、扉外部にも識別のためオレンジ色を配しています。
車内は客室と出入り口をパーテーションで区分しています。座席は転換クロスシートですが、シートピッチを910mmにするとともに、扉間の座席は全て転換座席としました。車端部はコンパートメントとし、大型テーブルを設置しました。カーテンはロールアップ式から横引きプリーツカーテンに変更されています。車内情報装置は通路部天井に設置し、号車表示と指定席及び自由席の表示も追加しました。
313系8000番台は名古屋-中津川間の快速「セントラルライナー」に使用されていましたが、2013年のセントラルライナー廃止に伴い、中央線の普通列車及び快速列車に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 最高速度: 130km/h
全長 19500mm
全幅 2930mm
全高 3630mm
台車 C-DT63A (動台車) C-TR251(付随台車)
集電装置 C-PS27A
主電動機 C-MT66A (185kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 6.53)
制御方式 3ステップVVVFインバータ
C-SC37 (クモハ313), C-SC38-G2 (モハ313)
冷房装置 C-AU714A (21000kcal/h×2)
設計 JR東海