キハ200系
形式一覧


大村線 小串郷-南風崎
篠栗線、筑豊本線は利用客の増加が見込まれることから、JR九州は1991年にキハ200系を開発しました。キハ200系は電車並みの性能を目標に開発され、最高速度は110km/hとなっています。
エンジンはキハ37に使用されたDMF13Sを改良したもので、インタークーラの搭載により出力が450PSに向上していることから、415系と同等の加速性能を実現しています。液体変速機は爪クラッチ式のR-DW4の採用により、直結段の動力伝達効率の向上を図っています。台車はキハ183系に使用されているDT53を基本に空気バネ支持高さを変更したDT600K/TR600Kボルスタレス空気バネ台車です。ブレーキは電気指令式空気ブレーキを採用しています。
車体は鋼製で片側3扉を持ち、座席は全て転換クロスシートです。運転台は車体の片側のみの取り付けです。なお、便所はキハ200-0番台に設置されています。冷房装置は機関直結式のAU604KとAU605Kを装備しています。暖房は機関の排熱を利用しています。車体側面には行先方向幕も装備しています。連結器は密着連結器を採用しており、自動解結装置は準備工事となっています。
キハ200系は篠栗線、筑豊本線の快速として製造された後、指宿枕崎線や大村線の快速用に製造されました。1997年に豊肥本線に投入された車輌はワンマン機器を搭載したため100/1100番台に区分され、更に両運転台のキハ220-1100番台が登場しました。100/1100番台ではワンマン機器の搭載に加えて、側出入口上部に車内案内表示器を追加しています。また車内の照明に取り付けられていたカバーが省略されています。
同時期に製造の500/1500番台は車内がロングシートに変更されています。
2000年には0/1000番台にもワンマン機器が取り付けられました。
2006年にはセミクロスシートのキハ220-200番台が登場しました。この車輌から行先方向幕が大型LED方式に変更されました。
キハ200系は電化により篠栗線と筑豊本線から撤退しています。
主要諸元
項目 内容
車両性能 最高速度: 110km/h
全長 21300mm
全幅 2994mm
全高 4050mm
台車 DT600K, DT600KA(動台車)、TR600K, TR600KA(付随台車)
駆動機関 DMF13HZA (450PS)
液体変速機形式 R-DW4
冷房装置 AU607K (20,600kcal/h)とAU608K (20,600kcal/h)
設計 JR九州