205系0番台
0番台
1000番台
5000番台

形式一覧

Photos

山手線 秋葉原-神田



京葉線 新木場-葛西臨海公園



東海道線 千里丘-岸辺


阪和線 杉本町-浅香


山陽線 塩屋-須磨
1981年より製造されていた201系は、電機子チョッパ制御を採用しているため初期投資額が高い問題がありました。このため山手線の103系電車を置き換えるにあたり、制御方式を添加励磁制御に変更し新製コストを抑えた205系を1985年に開発しました。
車体は国鉄車両で初となる軽量ステンレス構造を採用し、塗装を省略するかわりに、ラインカラーの帯を窓下と幕板部に貼り付けました。また、新製コスト抑制のため戸袋窓は廃止されています。側窓は量産先行車では上段下降、下段上昇のユニット窓としていましたが、量産車以降は1段下降窓に変更されました。
主電動機は713系用に開発された出力120kWのMT61とし、新たに開発された界磁添加励磁制御方式を採用したCS57により駆動されます。最弱界磁率は35%、歯数比は6.07としていることから、201系よりも加速性能、高速性能のずれもが優れています。また、回生ブレーキも可能となりました。回生ブレーキに対応するため、パンタグラフはPS21を採用しています。
ブレーキは従来の電磁直通ブレーキに変わり、回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキに変更され、ブレーキの応答性が改善されています。
国鉄で初めてボルスタレス空気バネ台車を採用しました。軸箱支持方式は円錐ゴム式とし、メンテナンスの軽減と大幅な軽量化を実現しました。
車内は201系をベースとしたロングシートです。天井は平天井としラインデリアが設置されています。冷房装置はAU75Gとしています。
205系は山手線及び京阪神地区の東海道・山陽線に投入されました。国鉄分割民営化後、JR東日本は引き続き、首都圏各線に205系の投入を進めました。なかでも1990年より京葉線向けに増備された205系は、先頭車のデザインが変更されました。また、山手線の混雑緩和のため、1990年に片側6ドアを備えたサハ204の試作車が登場。翌1991年にはサハ204の量産車が登場しました。この車両はラッシュ時座席が折り畳むことができ、収容力が向上しています。
205系は山手線を始め、総武線、東海道・山陽線、横浜線、埼京線、京葉線などに投入されましたが、山手線、総武線、埼京線、京葉線、南武線、横浜線はE231系やE233系により置き換えられました。
東海道・山陽線では321系により置き換えられ、阪和線に転属しました。その後、リニューアル改造を行い、内装の変更、通風機の撤去、車外スピーカの設置が行われました。
205系は現在、武蔵野線と阪和線で使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 2.8km/h/s 最高速度: 100km/h 
全長 19500mm
全幅 2800mm
全高 4140mm
台車 DT50(動台車) TR235(付随台車) TR241B (サハ204)
集電装置 PS21
主電動機 MT61 (120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式 (歯数比: 6.07)
制御方式 界磁添加励磁制御(CS57)
冷房装置 AU75G (42000kcal/h) AU717 (50,000kcal/h)
設計 日本国有鉄道