205系1000番台
0番台
1000番台
5000番台

形式一覧


阪和線 北信太-富木
JR西日本は阪和線に205系1000番台を投入しました。205系1000番台は205系0番台をベースに次の変項を行いました。
客室からの前方視界を拡大するため、前面窓を大きくしました。このため205系0番台と前面形状が異なっています。車体側面には駅で待つ乗客に車掌が案内放送をするためのスピーカが設置されました。また、補助電源装置は電動発電機からインバータに変更され、保守の省力化が図られています。更には車内騒音を抑制するため主電動機点検蓋が廃止されました。
205系1000番台の最高速度は110km/hと高速化が図られ、主電動機は最高回転数を向上したWMT61Aに変更されました。台車にはヨーダンパ取付座が設けられています。
その後、インバータ制御の207系が登場したためJR西日本は205系1000番台の製造を打ち切ったことから、20両のみが現在阪和線で活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 2.8km/h/s 最高速度: 110km/h 
全長 19500mm
全幅 2800mm
全高 4140mm
台車 WDT50G(動台車) WTR235G(付随台車)
集電装置 PS21
主電動機 WMT61A(120kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み板継手方式 (歯数比: 6.07)
制御方式 界磁添加励磁制御(CS57)
冷房装置 AU75H (42000kcal/h)
設計 JR西日本