817系0番台
0番台
1000番台
1100番台
2000番台

形式一覧


日豊線 川南-高鍋
2001年の篠栗線及び筑豊線の電化開業にあわせて、JR九州は817系0番台近郊形電車を開発しました。817系0番台は815系と同様の2両編成を基本とし、811系、813系、815系と併結運転が可能です。
車体はアルミ合金製で、ダブルスキン構造が採用されました。車体はアルミ地肌を生かしたヘアライン処理としています。先頭部は分割併合を容易にするため、自動解結装置と半自動幌装置を備えた貫通型としました。なお、先頭部前面は全面強化ガラスで覆われています。車体正面及び側面の行先表示器はLEDタイプを採用しています。
主変換装置は815系と同一のPWMコンバータ+VVVFインバータを一体化したもので、出力150kWのMT401KA誘導電動機4個を一括制御します。コンバータは高調波対策のため3レベル制御、インバータは2レベル制御としています。インバータ素子はIGBTです。ブレーキは全電気式空気ブレーキで回生ブレーキを併用しています。また、回生ブレーキ時のセクション通過対策として、小型のブレーキチョッパ装置を内蔵しています。集電装置はシングルアームタイプがクモハ817に取り付けられています。
台車は815系と同様DT404K/TR404Kボルスタレス空気バネ台車で、ホームとの段差を小さくするため車輪径は810mmとしました。ヨーダンパの取付準備工事が実施されています。基礎ブレーキ装置はいずれも踏面片押式です。
車内は背ずり・座面に難燃木に革製のクッションが取り付けられた転換クロスシートで、各出入台には跳上げ式の補助シートが設置されています。通路幅は820mmを確保することで、ワンマン運転時の車内の移動を容易にしました。窓ガラスには可視光線や日射熱線の透過率をより抑えたものを採用し、カーテンを廃止しています。運転室は片側に完全に独立したユニットとして設置されています。クハ816には車椅子対応便所が設置されています。空調装置はインバータ制御の集中式です。ワンマン運転時に使用する整理券発行機が出入り口に、運賃表示器と運賃箱が運転席後部にそれぞれ設置されています。
817系0番台は篠栗線、筑豊線、長崎線、佐世保線に投入されましたが、817系1000番台の投入により、篠栗線と筑豊線で使用されていた817系0番台の一部は、熊本地区、及び鹿児島地区の鹿児島線、及び鹿児島・宮崎地区の日豊線に転属し、各線のローカル輸送に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 交流20000V, 60Hz
車両性能 加速度: 2.6km/h/s 最高速度: 120km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 3680mm
台車 DT404K(動台車) TR404K(付随台車)
集電装置 PS401K
主電動機 MT401KA(150kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 6.50)
主変圧器 TM401K
主整流器 PC401K
制御方式 2ステップVVVFインバータ (PC401K)
冷房装置 AU407K(42000kcal×1)
設計 JR九州