209系0番台
0番台
500番台
1000番台
3000番台

形式一覧


京浜東北線 品川
JR東日本は次世代の通勤電車として「寿命半分、価格半分、重量半分」のコンセプトを掲げた901系を開発し、その仕様について検討を重ねました。その結果として1993年に209系が開発され、京浜東北線に投入されました。
209系はJR東日本で量産される車両としてははじめてVVVFインバータ制御を採用することにより、4M6Tの10両編成が組成できるようになりました。主電動機は出力95kWの三相誘導電動機で、過負荷での使用を前提としています。インバータ装置は素子に低耐圧GTOを採用した3ステップタイプで2両分の主電動機を一括して制御しています。インバータ制御を採用したため、回生ブレーキが使用可能です。台車は軸梁式ボルスタレス台車で、構造を簡単にするため空気バネの支持間隔は従来のものより狭くなっています。
運転席はJR東日本では初めて左手ワンハンドルマスコンが採用されました。
車体は軽量ステンレス構造ですが、プレスされた部材と外板を突き合わせそれ自体が強度を保つ2シート工法が採用されています。このため車体表面にビードがありません。窓は熱線吸収ガラスを採用しブラインドを廃止しました。
誕生当初209系は全車両4扉車でしたが、混雑緩和のため片側6扉を備えたサハ208が1996年に登場しています。
209系は京浜東北線に投入され、同線で使用していた103系205系を置き換えました。その後、総武緩行線に車体幅を拡大した209系500番台が投入されましたが、途中でE231系に製造が移行しています。
現在、209系0番台は京浜東北線をはじめ、南武線や八高線で使用されているほか、209系500番台が総武緩行線、209系1000番台が常磐緩行線で使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 最高速度: 110km/h 
全長 19500mm
全幅 2800mm
全高 4086mm
台車 DT61(動台車) TR246(付随台車) TR246F (サハ208)
集電装置 PS28
主電動機 MT68 (95kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 7.07)
制御方式 3ステップVVVFインバータ制御(SC41, SC41A)
冷房装置 AU720A (42000kcal/h) AU722A (50,000kcal/h)
設計 JR東日本