209系500番台
0番台
500番台
1000番台

形式一覧

Photos
209系500番台
シングルアームパンタグラフ装着車

総武線 新小岩-小岩
中央・総武線緩行に使用されている103系を置き換えるため、JR東日本は1998年に209系500番台を開発しました。
209系500番台はJR東日本の通勤形電車では初めて拡幅車体を採用し、近郊形電車と共通設計となり、定員が増加しました。209系0番台では先頭車の車体長は中間車より420mm長く設計されていましたが、209系500番台の先頭車は中間車と同じ車体長になりました。このため、先頭寄のドア間隔が他より狭くなっています。
側面のドア間にある大窓は、209系0番台が固定式であったのに対して、209系500番台は中央部以外の大窓が開閉可能になっています。なお、行先表示器は209系0番台の幕式からLEDタイプに変更されています。
台車は120km/h運転を考慮してヨーダンパ取付可能なDT61D/TR246H, Jを採用しています。主制御装置は209系0番台と同一です。
2次車からは主電動機が出力95kWのMT73、パンタグラフがシングルアームタイプのPS33Aに変更されています。
209系500番台は、京浜東北線と中央・総武緩行線に投入されましたが、現在は中央・総武緩行線、京葉線、武蔵野線で使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 最高速度: 110km/h 
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 3670mm
台車 DT61D(動台車) TR246H(付随台車) TR246J (サハ209)
集電装置 PS28B, PS33A
主電動機 MT68A (95kW), MT73 (95kW)
駆動装置 中実軸TD平行カルダン方式 (歯数比: 7.07)
制御方式 3ステップVVVFインバータ制御(SC41C)
冷房装置 AU720A (42000kcal/h)
設計 JR東日本