223系0番台
0番台
1000番台
2000番台
2500番台
5000番台
5500番台
6000番台

形式一覧

Photos

クモハ223
阪和線 北信太-富木

阪和線 杉本町-浅香
1994年の関西国際空港の開港にあわせ、JR西日本は大阪と関西国際空港を結ぶ快速電車用として223系0番台を開発しました。223系0番台はJR神戸・京都線で新快速電車として使用されている221系に様々な改良を加えられました。まず、221系の車体は鋼製でしたが、223系は207系と同様のステンレス車体となりました。車体表面にはビードが設けられていません。また、主制御器が添加励磁制御からVVVFインバータ制御にかわりました。このインバータ装置は主電動機を個別に制御していることから粘着性能が向上し、MT比1:2が可能になりました。223系0番台の主制御器、主電動機、台車は281系と互換性のあるものが採用されています。
車内は1-2列の転換クロスシートとなっており、通路幅が十分に確保し大形の荷物が持ち込めるように考慮されています。
223系0番台は当初6両編成と2両編成がありました。

6両編成
クモハ2230 サハ2230 サハ223100 モハ2230 サハ2230 クハ2220
電動車 付随車 付随車 電動車 付随車 付随車
主制御器
補助電源装置

コンプレッサ 主制御器
補助電源装置

WC
コンプレッサ

2両編成
クモハ223100 クハ222100
電動車 付随車
荷物室(1995年〜1998年)
主制御器
補助電源装置
WC
コンプレッサ


1995年に2両編成使用されているクモハ223に荷物室が取り付けられましたが、1998年に客室に戻されています。また、1999年より関空快速の一部を日根野で分割し、和歌山まで運転することになったため、5両編成と3両編成に組み替えられました。

5両編成
クモハ2230 サハ223100 モハ2230 サハ2230 クハ2220
電動車 付随車 電動車 付随車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ 主制御器
補助電源装置

WC
コンプレッサ

3両編成
クモハ223100 サハ2230 クハ222100
電動車 付随車 付随車
主制御器
補助電源装置

WC
コンプレッサ

2008年には再度編成の組み替えが実施され、全て4両編成になりました。この編成変更に際して不足する車両は223系2500番台により補いました。

0番台単独編成
クモハ2230 サハ223100 モハ2230 クハ2220
電動車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ 主制御器
補助電源装置
WC
コンプレッサ

0番台/2500番台併結編成
クモハ223100 サハ2230 モハ2232500 クハ222100
電動車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置

主制御器
補助電源装置
WC
コンプレッサ

クモハ2232500 サハ2230 モハ2232500 クハ2222500
電動車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ

主制御器
補助電源装置
コンプレッサ
WC

223系0番台は現在阪和線の関空快速と紀州路快速として活躍しています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.1km/h/s 減速度: 3.5km/h/s 最高速度: 120km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4140mm
台車 WDT55A(動台車) WTR239A(付随台車)
集電装置 WPS27D
主電動機 WMT100B(180kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 6.53)
制御方式 VVVFインバータ個別制御(WPC4)
冷房装置 WAU701B (21000kcal/h×2)
設計 JR西日本