223系2000番台
0番台
1000番台
2000番台
2500番台
5000番台
5500番台
6000番台

形式一覧

Photos

223系2000番台2次車
東海道線 高槻-山崎


223系2000番台4次車
山陽線 垂水-塩屋


223系2000番台5次車
山陽線 垂水-塩屋


223系2000番台
転落防止幌付
山陽線 垂水-塩屋

東海道線 高槻-山崎
JR西日本は1999年より新快速電車用に223系の製造を再開しました。JR西日本は223系の再製作にあたって、新しい223系に いくつかの新技術・設備を導入しました。まず、トイレは身障者対応型に変わりました。ボディ構造は223系1000番台が従来からの梁と外板を組み合わせた構造(梁が強度を保っている)であったのに対して、 223系2000番台ではプレスされた部材と外板を突き合わせそれ自体が強度を保っている、いわゆる2シート工法が採用されています。車体表面にはビードがありません。窓は熱線吸収ガラスを採用しブラインドを廃止しました(2001年夏にブラインドの取り付けが開始されています)。223系1000番台では1M-2Tユニットで設計されていましたが、実際には8両編成で3M-5T、4両編成で2M-2Tと設計値よりMT比が高くなっていました。223系2000番台では通常1両に4個モータを装備するところ、1あるいは2個のモータを省略できるようにし、結果としてモータ取り付け車軸とモータ無し車軸の比率が1:2に近付きました。1個のモータを省略した電動車は3000番台で区分されています。また、補助電源装置や空気圧縮機の供給能力が向上したことから、一部の電動車への補助電源装置と空気圧縮機の搭載が省略されています。この電動車はモハ222に区分されました。

8両編成
クモハ2233000 サハ2232000 サハ2232000 モハ2222000 サハ2232000 サハ2232000 モハ2232000 クハ2222000
0.75電動車 付随車 付随車 電動車 付随車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ


主制御器

主制御器
補助電源装置
コンプレッサ
WC

4両編成
クモハ2233000 サハ2232000 モハ2223000 クハ2222000
0.75電動車 付随車 0.75電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ

主制御器 WC


床面高さが223系1000番台と比べて20mm下がり低重心化しました。このため台車の空気バネ上面高さを低くしたWDT59/WTR243に変更されています。また、223系1000番台では低重心化のため付随車の空調機は床下に設置されていましたが、車体の低重心化がなされたことにより、空調機は全車屋根上に取り付けられています。

8両編成
クモハ2232000 サハ2232000 サハ2232000 モハ2232100 サハ2232000 サハ2232000 モハ2232000 クハ2222000
電動車 付随車 付随車 電動車 付随車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ


主制御器
補助電源装置


主制御器
補助電源装置
コンプレッサ
WC

6両編成
クモハ2232000 サハ2232000 サハ2232000 モハ2232000 サハ2232000 クハ2222000
電動車 付随車 付随車 電動車 付随車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ


主制御器
補助電源装置
コンプレッサ

WC

4両編成
クモハ2232000 サハ2232000 モハ2232100 クハ2222000
電動車 付随車 電動車 付随車
主制御器
補助電源装置
コンプレッサ

主制御器
補助電源装置
WC


2003年より製造された223系2000番台(2次車)は、全ての電動車が4個モータを装備しており、3000番台車がなくなりました。また全ての車両に補助電源 装置が取り付けられており、モハ222もなくなっています。但し、コンプレッサを省略した電動車は残っており、2100番台で区分されています。また 223系2000番台で初めて6両編成が登場しました。なお、窓ガラスはUVカットタイプに変更となったため、ガラスの色が緑色になりました。
敦賀直流電化開業に対応して2006年より製造された223系2000番台(4次車)は、客室照明のカバーが丸みを帯びたグラスファイバー製のものに変わり、空調吹き出し口の材質も変更になったため天井の形状に変化が見られます。
2007年より製造された223系2000番台(5次車)では側窓が下降式となり、それに伴い窓周りの帯幅が変更になっています。
2015年より先頭車間転落防止幌の取り付け改造が実施されています。
223系2000番台は、現在JR神戸・京都線の快速電車及び新快速電車に使用されています。
主要諸元
項目 内容
電気方式 直流1500V
車両性能 加速度: 2.5km/h/s 減速度: 4.3km/h/s 最高速度: 130km/h
全長 19500mm
全幅 2950mm
全高 4140mm
台車 WDT59(動台車) WTR243(付随台車)
集電装置 WPS27D
主電動機 WMT102B (220kW)
駆動装置 WN平行カルダン歯車形たわみ軸継手方式(歯数比: 6.53)
制御方式 3ステップVVVFインバータ個別制御(WPC10)
冷房装置 WAU705A (20000kcal/h×2)
設計 JR西日本